今・・・気がついたがアイヌ語は文字がない。

サーガのような英雄伝を口承文学で子孫に伝えることでアイヌ語は成立しているという。

もちろんSNKプレイモアの『サムライスピリッツ』のナコルルは一応、アイヌの末裔・・・みたいになってはいる。

しかし、現実のアイヌ語には文字はないので日本語のような活字は存在しない・・という。

WS000000


今、思い出したが『サムライスピリッツ』のナコルルの必殺技はアイヌ語にはなっているが、アイヌ民族は固有の文字をもっているわけでもない。


アンヌ ムツベ <勝利・刃>
身を低くして地面すれすれを飛びつつチチウシで斬りつける。正確な発音は「アンヌ ムッペ」。

レラ ムツベ <風・刃>

低空から飛び上がるような突進斬り。グラフィックは「アンヌ ムツベ」と同じ。
レラシゥ <つむじ風>
ママハハが竜巻を発生させる。

ヤトロ ポック <鳶・下>

ママハハに掴まった状態から、チチウシを構えつつ丸まって回転しつつ落ちる。

カムイ ムツベ <神・刃>
ママハハに掴まった状態からの急降下突き。
ナコルル


こういう与太話・・・みたいなことでちょっとアイヌ語とか北海道に感心を持つ・・・・のはいいきっかけか?と思った。

レラは日本語でいえば風・・・カムイは日本語でいえば神・・・・日本の風神のようにアイヌは自然を神としているらしいことが分かる。

暇つぶし・・・というか何というか・・・アイヌ語はナコルルが教えてくれた!でちょっとハッピー?
→ アイヌに関する商品の購入はこちら!